ホーム>>オールセラミック材料

天川歯科のジルコニアオールセラミック

ジルコニアオールセラミック

ジルコニアオールセラミックとは


ジルコニアとは2005年から歯科材料として使用されるようになった、透明性や強度に優れたセラミック素材を芯材に用いたオールセラミック治療です。

ジルコニアオールセラミックは従来のセラミック治療に弱点でもあった、強度の問題を解決することができた耐久性、審美性、安全性に非常優れた材料です。

ジルコニアの耐久性

ジルコニアオールセラミックはダイヤモンドの代用品として知られるキュービックジルコニアとほぼ同じ成分で、強度は従来のセラミックの約3倍と言われており、金属と違いしなやかさも兼ね備えているため、曲げる力にも非常に強い耐性を示します。

その為、破折が少ないのが特徴です。

 

従来のセラミックは構造上仕方がなかった経年劣化により、「マイクロクラック」と呼ばれる、顕微鏡で見ないと分からない程度の僅かな破折線が生じることがありました。

ジルコニアその特殊な性質で、ジルコニア自体が「マイクロクラック」を、生じさせない方向に力が働きます。

 

強度とその特殊な性質で、破折の心配がほとんどありません。

高い審美性

まず、金属を使っていないことと、その高い透過性で天然歯に近い白さを再現することが可能です。

また、従来のセラミックでは加齢等が原因で歯肉が後退してしまうと、歯の根元の境目の部分にフレームで使用する黒い金属色が見えてくることが問題でした。

 

そういった問題もありませんので、前歯の治療にも適しています。

ジルコニアオールセラミックの特徴

  • 強度が高く、曲がる力にも強いので、従来のセラミックのみでは難しかった奥歯のブリッジ治療などにも、金属を使わずに治療を行える。
  • 透明度に優れてるため、天然歯に近い白さを再現できる。
  • 変色せず、汚れも付着しにくいため、白さを維持できる。
  • 患者様に合わせた細かな色調が再現できるので、他の歯と変わらない色で、自然な色で仕上げることが可能。
  • 金属を使用していないので、加齢等が原因で歯肉が後退して来た際に、歯の根元の部分に黒いラインが見えてくることがない。
  • 金属を使用していないので、金属部分が溶け出すことが原因で起こる歯肉の黒ずみがない。
  • 金属を使用していないので、金属アレルギーの心配がない。

革新的な製品を提供する世界的な歯科材料総合メーカーIvoclar Vivadent

ハイパフォーマンスマテリアル

ハイパフォーマンスマテリアル

酸化ジルコニウムによるクラウン、ブリッジ、メゾストラクチャー

 

inCorisは、inLab MC XLミリングユニットに大きな可能性を与えるマテリアルです。 inCoris ZIとinCoris TZIは、フレームワーク用セラミックの中でも特に高強度のカテゴリに属し、生体親和性と審美性の点で高い基準を満たし、品質の高いオールセラミッククラウンおよびブリッジ修復物を製作するための基材となります。そしてinCorisは、カスタムアバットメントの製作にも適したマテリアルです。

IPS e.maxは伝統的なプレステクニックとCAD/CAMに対応し、高強度と審美性を兼ね備えた修復物の製作を実現する、オールセラミックスシステムです。製作方法や症例に応じた選択ができます。ニケイ酸リチウムを使用したIPS e.max プレス及びIPS e.max キャド ガラスセラミックスは、光学的特性を損なうことなく、単体で360~400Mpaの高強度を実現しています。


CAD/CAMにより製作する酸化ジルコニウムブロックIPS e.max ジルキャドと、プレスにより製作するIPS e.max ジルプレスは、プレステクニックの利点とCAD/CAM技術を融合する製品です。酸化ジルコニウムの高強度を活かし、審美的かつ機能的なオールセラミックスの臼歯部ブリッジを実現し、IPS e.max システムの可能性を広げます。


IPS e.max システムの構成品を結びつけるのが、IPS e.max セラムです。このナノフルオロアパタイト陶材は、IPS e.max を構成するどの製品がフレームに使用されていても共通して使用できます。レイヤリングや特徴付けにより、適合の良い修復物にさらに高い審美性を与えることができます。

天川歯科クリニック